情報セキュリティポリシー

株式会社ロバスト・スチュワード(以下、「当社」という)は、当社が保有する情報資産を漏えいや破壊等のリスクから保護することが事業継続の上で極めて重要であることを認識しております。
情報資産を適正に管理運用するため、本情報セキュリティポリシーを定め、さまざまな脅威から情報資産を保護し、かつ適正に取り扱うことにより、情報セキュリティの維持に努めます。

1.適用範囲

本情報セキュリティポリシーは、当社が保有するすべての情報資産(当社が利用者にサービスを提供するうえで扱う情報およびその情報を扱うために必要な設備をいう)に適用し、この情報資産の取り扱いおよび管理に携わる当社の「役員、社員、派遣社員等」および当社の情報資産を取り扱う「業務委託先およびその従業員」が遵守することとします。

2.情報セキュリティ管理体制の構築

当社が保有する全ての情報資産の保護に努め、情報セキュリティに関する法令、諸規則、各種ガイドライン等の遵守や、情報資産に対する様々なリスクに対応することができる情報セキュリティマネジメント体制を構築するとともに、情報セキュリティ状況の把握や情報セキュリティマネジメント体制の維持・向上に必要な管理体制を構築していきます。

3.情報セキュリティに関する内部規程の整備

本情報セキュリティポリシーに基づいた内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産全般の適正な管理運用を行うための明確なルールを社内に周知徹底します。

4.情報セキュリティシステムの実現

情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、破壊、利用妨害等が発生しないよう、徹底した対策を反映したシステムを実現していきます。


<具体的な対策>

アクセス権による閲覧制限、データベースアクセス権の制限等データやシステムへの徹底的なアクセス管理

5.情報セキュリティリテラシーの向上

当社は、従業者にセキュリティ教育・訓練を徹底し、当社の情報資産に関わる全員が、情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。

6.事故発生予防と発生時の対応

当社は、情報セキュリティ事故の防止に努めるとともに、万が一、事故が発生した場合には、適切な対策を速やかに講じます。
また、これら情報セキュリティ事故について、その事故原因を分析し、再発防止に努めます。

7.業務委託先の管理体制強化

業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、業務委託先を継続的に見直し、契約の強化に努めます。

8.従業者の義務および違反行為への措置

従業者は、本情報セキュリティポリシー、情報セキュリティに関連する法令および内部規程の趣旨や内容を理解し、これらを遵守します。
当社は、これらに違反する行為を行った従業者に対しては、就業規則に定めるところにより懲戒処分の対象とします。

9.継続的改善の実施

当社は、情報セキュリティ管理方法等が適切であることを定期的に確認し、継続的な改善を図ります。

株式会社ロバスト・スチュワード

代表取締役社長 山本 修一

2022年4月1日 制定