IMG_0279.HEIC

M&A支援機関の登録FAとして、中小M&Aガイドラインを遵守していることについての宣言

ロバスト・スチュワードは、M&A支援機関の登録アドバイザーです

ロバスト・スチュワードは、中小M&A ガイドラインにおける「支援機関」のうち、中小企業庁が管轄するM&A支援機関登録制度に登録されたフィナンシャルアドバイザー(FA)です

当社はFAとしてM&A支援機関登録されており、高い品質でクライアントの事業承継に係るM&Aを全力でサポートいたします。なお、当社はフィナンシャルアドバイザーであり、買い手候補と売り手候補の双方と契約を締結してサービスを提供する仲介者ではなく、あくまで一方のクライアントのみと契約を締結し、一方のみに助言するフィナンシャルアドバイザーであり、クライアントファーストの精神でM&Aにおけるプロセスの全てからクロージング(=締結・実行)まで独立の精神で伴奏いたします。

上記を、プロフェッショナルとしての品質で実行することを担保するため、中小M&Aガイドライン(下記参照)を遵守していることをここに宣言いたします(遵守を宣言する内容の詳細についてはこちら)。

当社の具体的なサービスにつきましてはこちらをご覧ください。

M&A支援機関への登録について​

M&A支援機関登録制度とは

2021年4月28日、中小企業庁は中小企業を当事者とするM&A(以下「中小M&A」という。)を推進するため今後5年間に実施すべき官民の取組を「中小M&A推進計画」として取りまとめまし た。 中小 M&A推進計画では中小企業におけるM&A 支援機関に対する信頼感醸成の必要性が課題の一つとして掲げられ、対応への方向性として、①事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)において、M&A支援機関の登録制度を創設し、M&A支援機関の活用に係る費用の補助については、予め登録された機関の提供する支援に係るもののみを補助対象とすること、②登録したM&A支援機関による支援を巡る問題等を抱える中小企業等からの情報提供を受け付ける窓口も創設すること、に取り組むこととしたところです。M&A支援機関に係る登録制度の実施を通じて、M&Aの基本的な事項及び手数料の目安や適切なM&Aのための行動指針を提示した「中小M&Aガイドライン」の理解及び普及を促し、中小企業が、培ってきた貴重な経営資源を将来につないでいこうとする際、より一層円滑にかつ安心して M&Aを手段の一つとして選択できる環境の実現を目指しています。